千葉の特産品|千葉の婚活パーティーならエクシオ

千葉の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

千葉の特産品

> 千葉の特産品

千葉の特産品をご紹介します。

東京都心に近い場所としての近郊農業が盛んで、農業産出額は全国上位の千葉県。だいこんやねぎなどの品目別産出額は全国トップで、さらに梨の生産出荷量も全国1位を誇っています。
また、特産品として全国的に落花生が有名だったり、コシヒカリを代表としてふさおとめや古代米などのブランド米の産地としても知られています。

千葉県は土壌条件、気象条件に恵まれた梨の栽培適地。栽培面積・収穫量・産出額のどれも日本一を誇っています。
三方を海に囲まれた温暖な気候によって関東地方の中では最も早い時期に花が咲くため、収穫時期が早くなります。
全国的に有名な「幸水」は、真夏を迎える8月上旬には県内の各産地で最も味の良い収穫最盛期を迎えます。暑くて梨が食べたくなる時期と重なることからも、昔から千葉県の梨は美味しいと言われてきました。
また千葉県に多い火山灰土壌は梨の栽培に向いており、樹が健康で元気に育つことも、美味しい果実が実る要因となっています。

落花生

落花生

南アメリカのアンデス山脈のふもとが原産だといわれてる落花生は、江戸時代(1706年)に中国から伝わりましたが、当時の日本では栽培はされていませんでした。ただし、琉球王国(沖縄)では「ジーマミ」といって古くから栽培されていたと言われていますが、一般に栽培されるようになったのは明治に入ってからのことです。
千葉県での栽培は、明治9年に神奈川県三浦郡中里村から種を購入して山武郡南郷村(現在の成東町)で試作したのがはじまりとされています。
落花生の主な産地は、千葉・茨城・神奈川・鹿児島・栃木・静岡・宮崎・熊本の各県ですが、中でも約7,400ヘクタールで作付されている千葉県は全国シェアの約7割を占めています。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.