千葉の花・木・鳥|千葉の婚活パーティーならエクシオ

千葉の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

千葉の花・木・鳥

> 千葉の花・木・鳥

日本の各都道府県にはそれぞれ「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」が定められています。
こちらでは千葉の花、木、鳥をご紹介します。

千葉の花

菜の花

菜の花

菜の花はアブラナ科アブラナ属の花で、別名「アブラナ」または「セイヨウアブラナ」とも呼ばれます。典型的な十字架植物(花弁が4枚)の菜の花は、花が咲いた後、中に1ミリ位の無数の種が入った細長い莢状の実をつけます。一面に咲き誇る菜の花畑は代表的な春の風物詩。観賞用や修景用のものだけでなく、その他のアブラナ属の野菜も黄色い花を咲かせるため、種子採取用の畑も菜の花畑として親しまれています。

千葉の木

マキ

マキ

「マキ」というのは「イヌマキ」や「コウヤマキ」の別名で、特にイヌマキのことを指します。
イヌマキは、関東から四国、また九州や沖縄、台湾などの比較的暖かい地域に分布するマキ科マキ属の常緑針葉高木です。雌雄異株で果実は赤紫色の花托の上に緑色の果実がつき、色のコントラストと形が特徴的です。
また、強い抗蟻性をもち、住宅の天敵であるシロアリに強いイヌマキは、沖縄県では古くから木造住宅の高級建築材として使われることがあり、国の重要文化財である中村家住宅などにも利用されています。

千葉の鳥

ホオジロ

ホオジロ

ホオジロは、顔の模様とさえずりが特徴的なスズメ目ホオジロ科ホオジロ属の小鳥で東アジアに広く分布しています。成鳥の顔は「頬白」という名の通り、喉・頬・眉斑が白く目立っています。
平地や丘陵地の明るく開けた場所に、単独または数羽ほどの小さな群れで生息します。主な活動は地上や低い樹上で、丈の高い草の茂みに潜むことはあっても高木の梢にはほとんど行くことはありません。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.